チャブ保険(CHUBB保険)

チャブ保険のキャプチャ
会社名 Chubb 損害保険株式会社
設立 1996年1月26日(日本法人化)
資本金 50億円(総資産額564.4億円)
運営母体 チャブ・リミテッド
主要商品 火災保険、自動車保険、クラシックカー保険、医療保険、旅行保険
運営方式 代理店型

火災保険のスペック

新価
戸建水災対象外可
郵送契約可 ×
風災等補償対象外可
鍵開け・水回り修理
主な割引制度

なし

世界的な大手損保会社

チャブ保険はスイス・チューリッヒに本拠を起き、54カ国に展開する世界的な大手損保会社です。 日本での知名度は低いですが、前身会社(AFA時代)を含め日本で98年の実績を持ち国内の外資系損保会社の中では最も古い歴史を持っています。 2016年11月に エース・リミテッド(エース保険)とシグナ障害火災保険(旧AFA)が統合してチャブ保険として生まれ変わりました。 2017年12月現在の 総資産は約19兆円、総収入保険料約4兆円の規模を持つ世界最大級の保険会社で信頼性は高いです。

幅広い補償項目で大きな事故・災害の損害をカバーしたい人に最適

チャブ保険の火災保険は以下の3種類があります。

・住宅総合保険(ベーシック)
・マイホームエース
・マイホームエース ゴールド

一番保険料の安い住宅総合保険でも風災、水濡れ、騒擾(そうじょう)・盗難、物体の落下・飛来・衝突・倒壊、臨時費用特約を基本付帯されます。 カスタマイズ性は少ないですが、風災は特約をつけなければ20万円以下の損害は対象外になるなど補償内容は薄めです。 保険価額に対して損失割合が低いと 損害額100%補償されないこともあるので注意しましょう。 幅広い基本補償をつけて保険料を安くできるのが特徴で、手厚い補償を希望の場合はマイホームエース、マイホームエースゴールドの上級プランを用意しています。

賃貸に強い

住宅総合保険でも賃貸住宅の場合は建物が半壊以上になった時にホテル代や仮住まいの住宅費用を補償する特約が自動付帯されます。 補償内容は1ヶ月20万円以下を上限に最大6ヶ月分です。 加入者にメリットのある特約なので、保険料が他社と同じであればチャブ保険を選ぶメリットは大きいです。 賃貸に限らず、 チャブ保険は大きな損害を受けた時に加入者へ手厚い補償を用意しています。 風災で窓ガラスが1枚割れただけなど、些細な損害では補償は薄くなりますが、家が全焼・全壊になるような大きな損害を受けたときに人生を狂わせないように配慮したプランになっています。 ちょっとした事故でも手厚い補償を受けたい人には上位プランを選ぶ方法もありますが、 安い保険料であらゆる災害リスクをカバーしたい方に強くオススメできます。

代理店選びが重要

独自性の強い火災保険で、国内大手損保に比べて補償内容でメリット・デメリットが多数あります。 契約するときは保険料や基本補償の有無だけではなく、チャブ保険独自の注意点や他の保険会社と比較したアドバイスが重要です。 チャブ保険の代理店は全般的に口コミの評判が良いです。その中でも チャブ保険だけではなく他の保険会社も扱っている代理店をオススメします。 当サイトで紹介しているイッカツ、保険の窓口はチャブ保険を含めた11社の火災保険を扱う代理店のアドバイザーがプラン選定の相談から手厚くサポートしています。

総評

チャブ保険は2016年にエース保険とシグナ保険が統合して誕生した新しい外資系損保会社です。 知名度や国内での実績こそ少ないですが、 他社と差別化した補償プランを用意しています。 全ての人にオススメできる火災保険ではありませんが、事故事例や保険料の高くなる特性を理解して考え抜かれた補償プランを用意しています。 火災保険は保険金請求件数が少なく、風災や水災など数十万円程度の支払い事例が多いです。 火災補償だけなら安くても風災・水災など基本補償を充実させると高くなる火災保険の特性をコントロールし、 補償範囲の広さと保険料の安さの両立を実現しました。 小さい事故では補償の薄くなることはあっても、大きな災害で手厚い補償を受けられるのがチャブ保険の特徴です。

チャブ保険の公式サイトはこちらボタン