セコム損保

セコム損保のキャプチャ
会社名 セコム損害保険株式会社
設立 1950年2月4日
資本金 168億880万円
運営母体 セコム株式会社(ホームセキュリティーの大手)
主要商品 火災保険、自動車保険、がん保険
運営方式 代理店型、通販型兼用

火災保険のスペック

戸建水災対象外可
Web契約 △(新規Web申込停止中)
風災等補償対象外可 ×
破損・汚損 △(特約扱)
鍵開け・水回り修理 ×(盗難時のガラス・鍵の破損修理は可)
主な割引制度
・ホームセキュリティ割引
・オール電化住宅割引
・建物築浅割引(築10年以内)
・長期年払い割引

セコム損保の特徴

セコム損保はもともと1950年2月に設立された東洋火災海上保険株式会社が1998年にセコム傘下に入ったことで誕生した保険です。
1998年にセコム東洋損害保険株式会社へ改称し、2000年に現在の社名になりました。
富国生命とも業務提携していますが、損害保険は独立した運営になっています。
国内最大手のセキュリティ会社が運営母体になっているので信頼性も高く、後発組のため保険料も安いと評判です。
当サイトのスタッフも一戸建住宅購入時に10社の一括見積を取った結果、セコム損保が最安値になって契約をしました。(ホームセキュリティの利用なし)
セコム損保はもともと、すでに多くの契約者を抱えるホームセキュリティサービスの顧客向けのサービスを中心にしていました。

そのため、大手損保会社の中でも広告活動は消極的です。それでも補償が充実していて保険料も安いことからホームセキュリティを利用していない方からの契約が増えて大手損保会社に成長した経緯があります。

火災保険を得意にしている

損保会社の多くは火災保険よりも自動車保険を得意にしています。
セコム損保も自動車保険の取り扱いはありますが、主力商品は火災保険になっています。
東洋火災海上保険はセコム傘下に入った1998年当時は業界最下位の存在でした。

セコムが本業のホームセキュリティとは無縁の保険業に手を出したのは、ホームセキュリティ事業と住宅関連の損害保険とのシナジー効果を狙っていたからです。

つまり、セコムが火災保険を扱うことを目的に誕生した保険会社です。
現在もセコムのホームセキュリティを導入している家庭には割引率を優遇する措置を取っています。

インターネット契約もできる代理店型保険

セコムは代理店型保険で、各セコムの拠点に保険担当スタッフが在籍しています。

元々、セコムは最大手のホームセキュリティ会社で、全国展開をしていたので拠点数は多いです。セコムからの出向によるスタッフも多く代理店業務を行うスタッフの質も高いです。

希望すれば代理店による出張対応での契約もできますが、条件を満たせば通販型のようにインターネット契約もできます。
数ある損保会社の中でも、通販系と代理店系の2つの要素を取り入れているところは少なくセコム損保の大きな特徴です。
インターネット契約をできる条件は以下の通りです。

・重要事項説明書、建物登記簿謄本、建築確認申請書などのコピー資料を提出できる
・賃貸用の事業目的ではなく居住用の住宅であること
・増改築等や損害が発生していない
・家財保険で1個または1組の価額が30万円を超える貴金属等の補償を希望しない
・ホームセキュリティを導入されている場合は、監視範囲が明確になっている
・保険始期予定日が、契約日から10営業日以降100日以内
・保険期間が1~5年で保険料の1回払いか年払いであること
・クレジットカード払いを利用する
・他社からの満期日に伴う入れ替えまたは、新規契約(他社を中途解約しての入れ替えはNG)

※2019年4月15日追記
現在、新規のご契約はご訪問等でのご案内のみとなります。

最新改定情報

2020年1月1日契約始期より個人用火災総合保険の改定が行われました。
主要な変更ポイントは以下の通りです。

①損害保険金の範囲拡大

修理費用の範囲を拡大し、同一の修理見積書に記載されることが多い残存物取片づけ費用、損害範囲確定費用を修理費に含めて補償できるようになりました。
大規模な被害を受けた際でもスピーディーに保険金が支払われ、損害状況によっては旧契約よりも保険金支払額がアップする内容です。

②評価済保険の導入

罹災時における建物の再評価による支払保険金の減額を行わず、契約時に協定した保険金額を保険期間中も維持する「評価済保険」を導入。
従来は全損時の「特別費用保険金」で補償されていた部分を基本補償でカバーできるようになりました。
補償の拡大ではないですが、契約をシンプルな内容にすることでスピーディーな保険金支払に対応する目的の改定です。

③約定付保割合制度の改定

建物への保険金額を協定再調達価額と同額(100%)にしない場合、従来は30~100%かつ10%単位の設定だったところ、10~100%かつ1%単位の設定に対応できるようになりました。
保険金額を低く設定できるようになり、1%単位の設定に対応したことで従来よりも柔軟な対応が可能です。

④自己負担額(免責金額)パターンの追加

従来は免責設定が10万円・20万円だったところ、3万円と5万円の設定を追加。

⑤保険料率の改定

水災・水濡れリスクの保険金支払い額を増えたことを理由にした改定のほか、割引・各種係数など全般的な料率改定が行われました。

⑥建築年数別料率の新設

築年数5年未満から30年未満までの5年単位と築年数30年以上の合計7つのカテゴリーに分けて、築年数が古いほど料率が高くなる築年数別料率を新設しました。
従来よりも築浅物件の利用価値が高まり、築年数の古い物件の保険料が割高になります。

総評

セコム損保はホームセキュリティの利用がなくても最安値の火災保険になることも多くて信頼性も高いです。
当サイトからのオススメ度も高い火災保険なので、セコム損保に対応している一括見積サービスを推奨しています。
インターネット契約もできますし、代理店を希望する場合は原則自宅までの出張対応をしてくれるので利便性も高いです。
契約プランのカスタマイズ性も高く総合力の高い火災保険ですが、鍵開け・水回り修理などの付加サービスには弱いです。
火災保険をとにかく安く節約したい方は必ず見積を取って比較してみてください。

セコム損保の公式サイトはこちらボタン