ソニー損保

ソニー損保のキャプチャ
会社名 ソニー損害保険株式会社
設立 1998年6月10日
資本金 200億円
運営母体 ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社
主要商品 火災保険、自動車保険、医療保険、旅行保険、ペット保険
運営方式 通販型

火災保険のスペック

戸建水災対象外可
Web契約 ◎(Web完結)
風災等補償対象外可
破損・汚損
鍵開け・水回り修理
主な割引制度

・築年別料率
・証券ペーパーレス割引(最大500円)
・マイページ新規申込割引(最大1,000円)
・長期契約割引(最大15%)

2018年11月に開始した新しい火災保険

ソニー損保は、インターネット専用火災保険の「新ネット火災保険」を2018年11月11日契約分より販売開始しました。
自動車保険で高い人気を誇っていた通販型保険が新しく火災保険も始めたことで注目が集まりました。
火災保険は自動車保険に比べて通販型保険のシェアが低く、長期割が少ないので長期契約が主流の火災保険では、代理店型より安くなりにくい傾向がありました。
ソニー損保は後発組火災保険のため、従来の通販型の課題であって長期契約割引を代理店型と同等の最大15%に拡大し、保険料の安さとカスタマイズ性の高さで勝負しています。

このほかにも、築年数割引の見直しや破損・汚損の新設など、大きなリニューアルを繰り返しながらパワーアップを遂げています。

ソニー損保・火災保険の特徴

・メリット

・通販型保険初の地震上乗せ特約で地震の損害も最大100%補償
・業界初のインターネット完結契約に対応(その後は楽天・セゾンなどでも対応可能)
・クラブオフの優待サービスを自動付帯
・家財の火災補償対象外可など、カスタマイズ性が高い一歩進んだリスク細分型
・カード払いなら一括、年払い、月払いから選択可能

・デメリット

破損・汚損の取り扱いなし
・臨時費用特約10%のみ(代理店型は30%が主流)

通販型ならではの保険料の安さに加えて、Web完結契約の利便性と地震保険100%対応の手厚い補償で個性を出しています。

万が一の際に受け取れる臨時費用特約が少ないなど、通販型ならではの弱い部分があるので注意しましょう。
地震保険100%の特約を希望する方は、臨時費用30%など手厚い補償を求めている方が多く、バランスの悪さが気になります。
以前は破損・汚損への未対応が大きなネックでしたが、2020年1月改定で対応したため、デメリットが少なくなりました。

カスタマイズ性が高いので、最低限の補償でとにかく火災保険を安く抑えたい方におすすめです。

実際に見積を出して他社の保険料と比較してみた

ソニー損保は歴史が浅く、口コミなどの情報が少ないです。
当サイトでは実際に見積を取って他社の保険料と比較してみました。

・見積条件

エリア:神奈川県
構造:M構造(マンション)
延床面積:63平米
建築年月:1998年
建物:800万円
家財:300万円
保険期間:10年(一括払い)
補償内容:フルカバー(火災、水災、風災、水濡れ、盗難、破損・汚損など)
特約:個人賠償責任
地震保険なし

上記の見積条件は、実際に一括見積サービスを使って複数社比較した当サイトに寄せられた体験談と同じ条件です。 他社の見積結果は以下のようになります。

東京海上日動:約85,000円(銀行提携代理店による20%の団体割引適用価格)
AIG損保:66,000円
SBI損保:70,940円
セコム損保:60,490円
チャブ保険:約70,000円(最長5年見積を2倍にした10年相当)
セゾン:57,870円(破損、汚損の設定なし)
三井住友海上:75,680円(免責設定高め)
損保ジャパン:約71,000円

見積

ソニー損保の見積結果は59,753円でした。
破損・汚損なしの条件なので、セゾンと比べた場合は約2,000円割高でした。
保険料は地域や補償条件によって変わってくるので、状況によっては最安値になるでしょう。

見積2

なおソニー損保のWeb見積で必須補償以外を全て外すと、10年一括払いの保険料が11,440円になりました。
建物の火災リスクしか補償されない内容ですが、ここまで安くできる火災保険は非常に珍しいです。

最新改定情報

2021年1月1日契約始期より個人用火災総合保険の改定が行われました。
主要な変更ポイントは以下の通りです。

① 保険料率および割引制度の改定

風水災による支払い保険金が増加したため、保険料率を改定しました。
また、築浅割引の割引率が一律最大20%だったものを、それぞれ最大33.9%、最大32.1%、最大43.3%に変更しました。

② 破損・汚損損害等補償特約を新設

2021年1月1日以降に保険が開始される契約に、新設された破損・汚損損害等補償特約が付帯できるようになりました。

③ 構造級別の判定方法の改定

防火地域・準防火地域に建てることができる建築物の基準が代わったため、構造級別の判定方法が変更されます。

参考元URL
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/information/14092020_245373.html

2022年3月21日契約始期より、再度改定が行われました。
主要な変更ポイントは以下の通りです。

① 保険料率の改定

風災、雹災、雪災の保険料を引き上げ。(所在地と構造級別で改定率は異なる)
水濡れ、外部からの物体の衝突などの保険料を引き上げ。(所在地は一律、構造級別で改定率は異なる)
水災の保険料を一律引き上げ。(条件を問わず一律の値上げ)

② 築年別料率の導入

従来の築浅割引を廃止し、築年別料率を導入しました。
従来は築5年未満、10年未満、10年以上の3区分でしたが、改定後は築5年未満、10年未満、15年未満、15年以上の4区分へ変わります。

③ 個人賠償責任補償特約の改定

軌道上を走行する陸上の乗用具の運行不能(電車を遅延させたなど)への賠償補償が追加されました。

参考元URL
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/information/06122021_272133.html

総評

従来の通販型火災保険は郵送手続きが必要になるなど契約の手間がネックでした。
ソニー損保はWeb完結、証券発行不要で手続きできます。
火災保険のスペックとしては、SOMPOホールディングス(損保ジャパングループ)のセゾン自動車火災保険に似ています。
地震保険の上乗せ特約を用意していますが、全般的には最低限の補償でとにかく火災保険を安くしたい方をターゲットにしています。
最安値になっても、臨時費用特約の比率が代理店型より少ないなど、注意点がいくつかあるので注意しましょう。

保険料の安さが最大の強みですが、新規参入して間もないことや、Web完結契約できる特性から、外部の一括見積サービスとほとんど提携していません。
個人情報の入力不要でネット見積を出せるので、気になる方は個別に見積を取ってソニー損保の保険料と比較してみてください。
火災保険では実績が少ないので、他社より安くなければ地震上乗せ特約やクラブオフの優待に魅力を感じる場合を除いておすすめできません。
保険料率や補償内容を変更する改定を頻繁に行っていますので、「ソニー損保の保険料は高い」、「ソニー損保は破損・汚損対象外」など悪い口コミを見た方でも、まずは一度見積を取ってみるとよいでしょう。
火災保険としてはオリジナル性の高いクラブオフの優待については、自動車保険の三井ダイレクトやクレジットカードの付帯サービスで利用することもできます。
知らない間に他のサービスで加入しているケースもあるので、クラブオフに魅力を感じた方は既存のサービスで利用できるものがないか確認し、勤務先の福利厚生サービスと比較して検討しましょう。

ソニー損保の公式サイトはこちらボタン