火災保険一括見積でインズウェブを選ぶメリット

保険の窓口インズウェブ

 

保険の窓口インズウェブのキャプチャ

 

運営会社

SBIホールディングス

運営期間

2000年~(火災保険一括見積サービスは2004年2月開始)

申込情報入力時間

3分

参加保険会社

10社

 

 

参加保険会社一覧

  • セコム損害保険
  • セゾン自動車火災保険
  • SBI損保
  • 富士火災
  • AIU保険
  • 日新火災
  • 三井住友海上
  • 朝日火災
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 東京海上日動

 

 

 

保険の窓口インズウェブ火災保険一括見積サービスの特徴

保険の窓口インズウェブは2000年にソフトバンク・ファイナンスとアメリカの金融会社(Marsh & McLennan Capital社)によって株式会社インズウェブの合弁会社を立ち上げて始まった保険比較サービスです。

 

ネットの一括見積サービスのパイオニアで、利用実績は業界1位です。
運営会社は2014年7月よりSBIホールディングスに変わっています。

 

当初は自動車保険一括見積サービスから始まり、2004年2月より火災保険もスタートしました。
現在は生命保険、法人向け自動車保険、バイク保険、ペット保険の一括見積サービスも手がけています。

 

つまり、保険の窓口インズウェブは保険に特化した大手一括見積専門サービスです。

 

他社のように、幅広いWEBコンテンツを手がけている一括見積とは違い、保険に専門性があるため、プラン選びの解説が分かりやすく10社の参加保険会社も厳選して選んでいるため質が高いです。

 

申込フォームも保険に高い専門性があるからこそできる考え抜かれた内容で、提示される見積結果も各保険会社で個別見積を取らなくても比較しやすい現実味のある補償内容になっています。

 

評判の悪い火災保険一括見積では、複数社から同時見積できても特約の有無など補償内容が違うので結局は個別見積を取り直す必要が出て、安いところで契約してから他社より条件の悪いことに気付くケースもあります。

 

さらに火災保険は見直しする人が少ない特性もあり、安さだけを重視して間違った補償内容で契約していることに気付かず長年更新を続けている方もいます。

 

保険の窓口インズウェブは火災保険一括見積の中でも、より利用者にとってメリットの大きいプランを提案し、複数社の見積条件の内容を近づけられるメリットがあります。

 

どこの一括見積を選んでいいか迷っている方に強くオススメできます。

 

参加保険会社数だけで見れば10社を超える一括見積サービスもありますが、保険会社の質と提示される見積内容などサービスの総合力は業界ナンバーワンだと評価できます。

 

 

 

申込フォーム入力項目

見積内容
  • 新しく購入する建物ですか?
  • 建物の形態(マンション、戸建て)
  • 建物は階数
  • 建物の所在地
  • 延床面積
  • 築年数
  • 使用方法
  • 住宅ローン利用の有無
  • 建物の構造
  • オール電化住宅か?
  • ホームセキュリティの有無
  • 風災補償の有無
  • 水災補償の有無
  • 盗難補償の有無
  • 落下・飛来・衝突補償の有無
  • 地震保険の有無
  • 希望補償金額
  • 家財保険の有無(希望の場合は補償金額)
  • 補償開始希望日
  • 補償期間

 

個人情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 送付先の住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • フリースペース

 

見積内容はほとんどがタブによる選択操作なので、マウスのクリックかスマホのタップ操作のみで入力作業を進められます。
文字入力が必要なのは、延床面積と建物、家財保険の希望補償額の数字の入力のみです。

 

見積内容で選び方や選択方法で迷う余地がある項目はそれぞれ、入力フォームにアドバイス情報を表示する機能を搭載しています。
火災保険に加入したいけど、補償プランの選び方が分からない方でも安心して利用できます。

 

保険だけに特化した一括見積専門会社だけあって、利用者がストレスなく見積申込できるように考え抜かれた申込フォームを用意しています。

 

 

インズウェブの公式サイトはこちらボタン